第4章 帯の種類

401.帯の柄付け(全通・六通・太鼓柄)

更新日:

全通(ぜんつう)

総柄・通し柄とも呼ばれ、最初から最後まで帯全体に柄があるもの。

全通

六通(ろくつう)

全体の六割に柄があるという意味で、帯の下に巻く部分は見えないので側を省いている。

六通

太鼓柄(たいこがら)

飛び柄、またポイント柄とも呼ばれ、太鼓と前に柄がある。
全体の三割ほど柄付があるところから、三通とも呼ばれることもある。

太鼓柄

「知らないと後悔する着付け教室の話」が集英社に取材されました

着物の国のはてな

ネット上の口コミや評判だけではわからない『失敗しない着付け教室の探し方』を解説しています。

取材された内容を詳しく見る

-第4章 帯の種類

Copyright© きものカルチャー研究所 , 2021 All Rights Reserved.