第17章 きものの柄と技法

1701.京友禅

更新日:

京友禅は、江戸時代の元禄のころ、京都「知恩院」の門前で扇子に肉筆画を描いて生活していた宮崎友禅斎(みやざきゆうぜんさい)と言う絵法師によって創案されたと言われています。

絢爛豪華な友禅染には、色彩的で絵画的、しかも複雑な文様が描かれています。そこで、絹布上でも色と色とが混じり合って濁らない技術が必要とされました。これこそが我が国の「餅米」(もちごめ)による防染技術で、瞬時に防染をし、また、後で用済みとなればきれいに落ちなければなりません。

訪問着や留袖の花柄などの縁取りに白い線(糸目)があるのは、このあとです。(現在ではゴム糊を使用)今では、京都の風物詩となった「友禅流し」は、この餅糊を洗い流している風景です。

日本の着物が世界的にも評価される理由は、歴史的にも技術的にも多彩にして精緻な民族衣装であること、また、この時代すでにハイテクファッションであったからとも思えます。


下絵を描いている筆者

「知らないと後悔する着付け教室の話」が集英社に取材されました

着物の国のはてな

ネット上の口コミや評判だけではわからない『失敗しない着付け教室の探し方』を解説しています。

取材された内容を詳しく見る

-第17章 きものの柄と技法

Copyright© きものカルチャー研究所 , 2021 All Rights Reserved.