第17章 きものの柄と技法

1705.更紗・草木染め

更新日:

更紗(さらさ)は、 もともとは室町時代末期から江戸時代にかけて、南蛮船によってもたらされた多彩な模様の木綿布でした。

南方の草木や鳥獣の文様を染め、異国情緒が豊かな柄で、インド更紗、ジャワ更紗、ペルシャ更紗などは有名です。

日本では、和更紗として発展し、今では小紋などに多く見られます。

草木染めとは、草木の染料を用いて染めるもの。そう考えれば、着物のほとんどが草木染めと言う事になります。また、本来更紗は、蝋による防染技術を用いたローケツ染めなのです。

「知らないと後悔する着付け教室の話」が集英社に取材されました

着物の国のはてな

ネット上の口コミや評判だけではわからない『失敗しない着付け教室の探し方』を解説しています。

取材された内容を詳しく見る

-第17章 きものの柄と技法

Copyright© きものカルチャー研究所 , 2021 All Rights Reserved.