第10章 浴衣

1009.重ね蝶々

更新日:

結び方の手順

(1)「蝶々結び」と同じ要領でタレを上にひと結び

(2)シッカリ締める

(3)ねじって止める

※ゆるみやすい時は、手先をクリップで止めておく

(4)タレを広げて、屏風だたみにし、4枚の羽根を作る

(5)羽根の中心で2本ダーツをとる

(6)手先で羽根をくるみ、結び目に通してシッカリ締める

(7)手先は胴帯と前板の間に通して下にだし、始末する

※「蝶々結び」の手の始末と同じ

(8)後ろに回して出来上がり

※4枚の羽根は、同寸でも、長さを変えても良い。

重なった羽根を上下にずらして4枚をきれいに広げる

「知らないと後悔する着付け教室の話」が集英社に取材されました

着物の国のはてな

ネット上の口コミや評判だけではわからない『失敗しない着付け教室の探し方』を解説しています。

取材された内容を詳しく見る

-第10章 浴衣

Copyright© きものカルチャー研究所 , 2021 All Rights Reserved.