第11章 礼装のきもの

1101.礼装の定義

更新日:

一般的な正礼装の解釈

きものの格式を論じるとき、さまざまな言葉によって、装いの正当性を議論されることがあります。ここでは、一般的によく使われる言葉を再確認し、わかりやすく定義します。

正装略装
正式の服装
決まりどおり
略式の服装
正装の方法を一部省略する
礼装略礼装
儀式に着る正式な服装
礼儀正しい服装
略式の服装
礼装の方法を一部省略する

※盛装(せいそう)・・・美しく華やかに着飾ること。立派な身なり。

本書の定義

本書では、次のようにきものを定義し解説しています。

(1)きものは、礼装とおしゃれ着に大別します。

正装おしゃれ着
結婚式、結納、成人式、式典、葬式などの
儀式に着る装い
儀式や式典にかかわりない装い
振袖、留袖、喪服、訪問着、色無地紋付、付け下げ小紋、紬、浴衣、上布、ウールなど
formalcasual

(2)礼装は、第一礼装と準礼装に区別して考えます。

第一礼装略礼装
礼装の中でも最も格式の高い装い第一礼装に準ずる装い
振袖、留袖、喪服、男紋付羽織袴訪問着、色無地紋付、付け下げ
formalsemiformal

「知らないと後悔する着付け教室の話」が集英社に取材されました

着物の国のはてな

ネット上の口コミや評判だけではわからない『失敗しない着付け教室の探し方』を解説しています。

取材された内容を詳しく見る

-第11章 礼装のきもの

Copyright© きものカルチャー研究所 , 2021 All Rights Reserved.