第14章 コート

1401.礼装コート

更新日:

絵羽コート(えばこーと)


絵羽とは、生地の縫い目(背中心や脇など)で柄が連続していることを意味します。振袖、留袖、訪問着などを総称して絵羽物と呼びます。

絵羽物は、その柄付けの製作が難しいことから一般的に礼装のきものに用いられます。従って、絵羽コートは、留袖、訪問着、色無地などの上に着ます。

無地コート


左側の二人が着ているのが無地の道行コート。無地コートは、礼装にもお洒落にも無難に調和します。

※平山郁夫美術館にて

「知らないと後悔する着付け教室の話」が集英社に取材されました

着物の国のはてな

ネット上の口コミや評判だけではわからない『失敗しない着付け教室の探し方』を解説しています。

取材された内容を詳しく見る

-第14章 コート

Copyright© きものカルチャー研究所 , 2021 All Rights Reserved.