第10章 浴衣

1006.貝の口

更新日:

着方のポイント

(1)手先は40cmくらい、輪を内側にして、胴に二巻き
(2)垂れは、手先より10cm多くとり残りは内側へ折り返す
(3)垂れを上にひと結び、ねじらないで垂れを内側へ折り上げて、その中へ手先を通す

結び方の手順

(1)手先は半分に折り、輪を内側にする

40cmのところをクリップでとめる

(2)手先は自然に開いて、胴にひと巻きして軽くしめる
(3)もうひと巻きする

タレの下側、手先の外側を持ってシッカリ締める

(4)手先とタレを、体の前で平行に並べる
(5)タレを手先より10cm長く取る

残りは、内側にたたむ

(6)もう一度締める
(7)タレを上に交差する
(8)手先の下側(輪)と、タレの下側を持ってシッカリ締める
(9)タレの根元を、きれいに広げる
(10)タレを内側に折る
(11)その中に、手先を通す
(12)後ろに回して、出来上がり

手先とタレは、2対1に出ると良い

オンラインでの個別レッスン開催中!(1日1名様まで先着順)

浴衣の着付けと帯結び

浴衣を美しく着るための方法・コツをお教えします。初心者の方向けに分かりやすくレッスンいたします。

レッスン内容を詳しく見る

-第10章 浴衣

Copyright© きものカルチャー研究所 , 2021 All Rights Reserved.