第19章 古典文様

1901.古典文様(四君子文様・有職文様・吉祥文様)

更新日:

四君子文様(しくんしもんよう)

蘭、竹、菊、梅の四つの花で四季を代表する草花を組み合わせた文様

有職文様(ゆうそくもんよう)

有職は有識の意味で、朝廷や武家の故実、礼式に詳しい人のこと。

平安時代から朝廷や武家の装飾品に使われていた文様で、 今では代表的な文様として、 小葵文、菱文、唐草文、立涌文、亀甲文、七宝文、雲鶴文などがある。

吉祥文様(きっしょうもんよう)

吉祥とは良い兆し、めでたいしるし、という意味で、松竹梅、瑞雲、鶴亀、蝶、鳳凰などがある。

「知らないと後悔する着付け教室の話」が集英社に取材されました

着物の国のはてな

ネット上の口コミや評判だけではわからない『失敗しない着付け教室の探し方』を解説しています。

取材された内容を詳しく見る

-第19章 古典文様

Copyright© きものカルチャー研究所 , 2021 All Rights Reserved.