第1章 着るための準備

103.体型補正

更新日:

体型補正の目的

洋服が女性のもつ曲線的なボディラインの美しさを強調しているのに対し、和服の美しさは体型を直線的(寸胴ずんどうに)することで、精神的な表情を多種多様に表現する「創造美」に主眼が置かれています。

つまり、外観の美しさを表現するためには内面的なメンタリティー(精神面)が重要なのですが、あわせて補正された均一的な体型が有効なのです。

日本女性の美しさを限りなく探求してくれるきものこそ、年齢を超え、その折々の心の美を奥ゆかしく表現してくれます。

ウエストの補正

ウエストの補正
出来上がりの見本
タオルをガーゼで巻いて作ります。
ウエストの補正中央の拡大図
中央の拡大図
スピーディな着付と着崩れ防止には、補整タオルと サッシュ(クリップ付き伊達締め)の役目をするきものファンデーションをご利用ください。

ウエスト補正の作り方

白いガーゼがよくわかるように、赤い布の上で撮影しました。

体型補正の作り方_1
(1)ガーゼ(長さ:180cm 幅:35cm)を準備します。
体型補正の作り方_2
(2)タオルを2枚、中央に重ねて置きます。上のタオルは淡いブルーグレー、下のタオルは紺系のストライプ。
体型補正の作り方_3
(3)上に重ねたタオルの両端を内側へ折ります。折り重なった部分が胴体の両脇(くびれた部分)に当たるように調節します。
体型補正の作り方_4
(4)タオルを下から折り上げます。大きさは、胴体の前面のへこんだ部分の幅に合わせます。
体型補正の作り方_5
(5)中心に置きます。
体型補正の作り方_6
(6)ガーゼで包みます。タオルがズレないように大きな目で縫います。
体型補正の作り方_7

(7)洗ってもほつれないようにガーゼの両端を始末します。

体型による補正

補正は最小限にして、出来る限り自然な着付を心がけましょう。

ウエストの細い人
ウエストの細い人
背中にくぼみのある人
背中にくぼみのある人
いかり肩の人
いかり肩の人
なで肩の人
なで肩の人
バストのない人
バストのない人
バストの大きな人
バストの大きな人

「和装ブラ」
胸元をすっきりと
補正します。

ヒップの下がった人
ヒップの下がった人

「ヒップパット」
腰線をきれいにし、
帯姿を美しく仕上げます。

下腹の出た人
下腹の出た人

「知らないと後悔する着付け教室の話」が集英社に取材されました

着物の国のはてな

ネット上の口コミや評判だけではわからない『失敗しない着付け教室の探し方』を解説しています。

取材された内容を詳しく見る

-第1章 着るための準備

Copyright© きものカルチャー研究所 , 2021 All Rights Reserved.