第3章 着物のたたみ方

302.夜着だたみ

更新日:

夜着よぎとは、現在の布団ぶとんと同じようなもので、きものの形をしていました。体全体を包み込めるように身丈が190cmもあり、綿わたが全体に厚く入っています。もともと上流階級が使い始め、庶民が着るようになったのは江戸時代からです。夜具やぐだたみ、ひらだたみとも呼ばれています。

夜着だたみの手順

「知らないと後悔する着付け教室の話」が集英社に取材されました

着物の国のはてな

ネット上の口コミや評判だけではわからない『失敗しない着付け教室の探し方』を解説しています。

取材された内容を詳しく見る

-第3章 着物のたたみ方

Copyright© きものカルチャー研究所 , 2021 All Rights Reserved.