ネットで学べる着付け教室。浴衣の着付けから留袖の帯結びまで「無料」で学べます

インターネットで学ぶ着付け入門講座

「第10章 浴衣」 一覧

第10章 浴衣

1010.ムービー

浴衣の着方 (1)ウエストベルトを締める (2)サッシュをつける (3)前板を付ける 半幅帯の締め方 蝶々結び お文庫 貝の口 りぼん結び あおい

第10章 浴衣

1009.重ね蝶々

結び方の手順 (1)「蝶々結び」と同じ要領でタレを上にひと結び (2)シッカリ締める (3)ねじって止める ※ゆるみやすい時は、手先をクリップで止めておく (4)タレを広げて、屏風だたみにし、4枚の羽 ...

第10章 浴衣

1008.片流し

結び方の手順 (1)羽根を作るところまでは「文庫」と同じ要領 タレを広げて屏風(びょうぶ)だたみにし3枚の羽根を作る (2)片方に長さを変えた2枚の羽根を作り、片方はタレ先 (3)羽根の中心で2本のダ ...

第10章 浴衣

1007.花文庫

結び方の手順 (1)手先は輪を外にして肩にかける 肩から20cm出して三角に帯を広げる (2)以降「文庫」と同じ要領 手先を上にひと結び (3)外を広げて屏風(びょうぶ)だたみにし、4枚の羽根を作る ...

第10章 浴衣

1006.貝の口

着方のポイント (1)手先は40cmくらい、輪を内側にして、胴に二巻き (2)垂れは、手先より10cm多くとり残りは内側へ折り返す (3)垂れを上にひと結び、ねじらないで垂れを内側へ折り上げて、その中 ...

第10章 浴衣

1005.お文庫

着方のポイント (1)手先は肩より20cm、胴に二巻き (2)手を上にひと結び (3)結び目の立ち上がりより胸幅強とる。すのこだたみ、二本ダーツ 結び方の手順 (1)帯幅を半分に折る(手先) 輪を外側 ...

第10章 浴衣

1004.蝶々結び

着方のポイント (1)手先は肩より20cm、胴に二巻き (2)垂れを上にひと結び (3)結び目の立ち上がりより胸幅をとる。すのこだたみ、二本ダーツ 結び方の手順 (1)前板をつける (2)手先を半分に ...

第10章 浴衣

1003.浴衣の着方

着方のポイント (1) 衣紋(えもん)・・・こぶしひとつより少なめ (2)衿合せ(えりあわせ)・・・V字は少しゆったりと合わせる (3)着丈(きたけ)・・・くるぶしまで (4)下着(したぎ) 長襦袢は ...

第10章 浴衣

1002.下着のつけ方

下着には、(1)肌着と裾除、(2)ワンピースの二種類があります。 肌着と裾除を使う場合 本校では、肌着と裾除を着ることに主体がおかれています。その理由は、肌着が衿ぐりがとりやすいこと、また、裾除が別の ...

第10章 浴衣

1001.浴衣の由来・準備品・用語

浴衣の由来 浴衣とは、もともと湯帷子(ゆかたびら)の略で、平安時代の貴族が風呂(当時は蒸し風呂)に入るとき身につけた着物です。 江戸時代になってから湯上りに汗を取るために着るようになり、浴衣と呼ばれは ...

Copyright© インターネットで学ぶ着付け入門講座 , 2018 All Rights Reserved.