中等科ひとに着せるコース

着付けの技術や着物の専門知識を深め、自分以外の人にも美しく着付けができるようになります

中等科は、人に着物を着せてみたい方や着付講師として活躍したい方のためのコースです。留袖の二重太鼓や振袖の変化結びなど、多様な技術を習得しながら、着物や帯の専門知識を深め、自分以外の人にも美しく着付けができるようになります。

きものを上手に着せるためには、まず、(1)TPOにそって、着る人のセンスを共感できる理解力が必要です。そして、(2)着物、帯、小物などを組み合わせ、帯結びを構想する応用力が求められます。さらに、(3)着付や指導を依頼されるには、自らきもの通としての魅力が不可欠です。そのため、中等科では着付講師として欠かせない、(1)理解力、(2)応用力、(3)魅力の三つの基本能力を習得を目指します。

修了試験に合格された方は、きものカルチャー研究所より「きものコンサルタントおよび着付師1級」に認定されます。中等科を卒業後は、着付け教室で教えたり、出張着付けを行ったりするなど、着付の仕事ができるようになります。また、きものカルチャー研究所認定教室に認証されれば、自宅で生徒募集も行えるようになります。

きものカルチャー研究所の特色について

学費明細

授業回数 28回(1回2時間)
進級費 32,400円(税込)
お月謝 7,560円(税込)
※都市部の場合:8,640円(税込)
テキスト代 3,000円(税込)

中等科の修了試験に合格された方は、きものカルチャー研究所より「きものコンサルタントおよび着付師1級」に認定され、一級認定証書と認定盾が授与されます。※認定料:54,000円(税込)

受講資格

初等科を修了された方、もしくは編入試験に合格された方

おもな講義内容

・体型に合った着物の着せ方
・半幅帯や名古屋帯、袋帯のいろいろな結び方
・おしゃれ着の着せ方
・振袖や留袖の着せ方
・子供や男物の着せ方

認定式

一級着付講師の認定式は、毎年各地で定期的に行われています。
認定式では自分で着るコース、ひとに着せるコースの必修課程を修了したことが認められます。

ひとに着せるコース:中等科(講義のポイント)

きものを着せてもらう人は、何もわからない人からきもの通と自負する人までさまざまです。瞬間的に相手を判断し手際の良い着付をするはもちろんのこと、着る人の知識とセンスを理解し、正しく評価できなければなりません。せっかくの晴れ着が着上がって、何気ない一言が、すばらしい贈り物になるような心使いを忘れてはならないのです。

また、きものを着せるときは、すべてのきものが「おそろいの一式」という訳ではありません。たとえば、着物は新調したけど帯は、お持ちのものを使用するなど、ケースバイケースでコーディネートを応用する技術が必要です。そして、同じ振袖でも、着る場所、着る人、着る目的にあわせ、帯結びや小物を変化させるだけで、まったく異なったイメージを演出することができます。その日の立場や目的を考え、着物と帯の調和をはかり、適確な帯結びを表現することが要求されます。

そして最後には、理屈や技術を超え、人を引き付ける不思議な力。魅力こそが究極のテーマです。あの人のように着こなしたい!あの先生のような仕事がしてみたい!そう言われてはじめて魅力ある講師(女性)と認められるのです。

要するに、知識や技術の蓄積だけに終わらず、この三つの基本能力が実力として発揮され、実践的な場面が想定されています。

受講の際のお願いごと

中等科へ進級するには、まず、初等科を修了することが前提となります。着物の基本的な知識や自分で着る技術が修得されている事が必要です。中等科を希望される方の中には、自分では着られるから・・・とか、自分は着ないけど人には着せたい・・・とのご意見から、いきなり中等科への入学を希望されることがあります。確かに着物を着ること自体は、そう難しいことではありません。しかし、帯や着物の格式、長襦袢や小物の組み合わせ、紋や素材による慣例など、それらをまったく無視して、着せることは出来ません。また、腰紐や帯の締め方ひとつを取っても、めったに着ない人が、どうして上手に着せることが出来るでしょうか?このような観点から、きものカルチャー研究所では、出張着付けの依頼についても、必ず普段から着物を着ている講師にお願いしています。

編入学制度について

他のきもの学院で勉強された方、また、着付け教室や呉服店で実務経験者のための中途入学制度もあります。編入希望者は、実技と学科の編入試験を受けることができます。(試験料2,700円(税込))
※詳細につきましては、編入制度をご覧ください。


ご入会・ご見学のお申し込みは各教室にて随時承っております

イベントの様子

きものカルチャー研究所の着付け教室にご興味をお持ちいただきましたら、まずはお近くの着付け教室をお探しいただき、各教室まで直接お問い合わせください。(講義についてのご質問や見学からでもOKです)