着付
ネットで学べる着付け教室。浴衣の着付けから留袖の帯結びまで32時間で習得できます(無料)
インターネットで学ぶ着付入門講座 > 第11章 礼装のきもの > 1104.

訪問着の着方(伊達衿を付ける・手順)

1104.訪問着の着方(伊達衿を付ける・手順)

着方の手順

(1)訪問着を着る前に伊達衿をつけます。
着物の衿を半分に折り、
衿の中心と伊達衿の中心をあわせます。

伊達衿が着物の衿から出ない様に、少し控えます。

まず、中心をピンでとめます。
胴裏の衿付けの縫い目にとめます。

次に、両肩明きの所で伊達衿を
少しつらせてピンをとめます。
つらせる事によって、着た時きれいにそぐいます。

(2)着物を着ます。

長襦袢の衿にかぶさらない様に、
肩にかける様にきます。

伊達衿は後に上げておきます。

(3)裾合わせをします。

しっかり持ち上げてから、床すれすれに下ろします。
そうすると、腰の上がしわでもたつきません。

この時、手の位置は腰骨より高い所を
持つようにします。

(4)上前を右腰骨に合わせます。
余分はしっかり下前の方に引いておきます。
腰にピッタリ着物が添うようにします。

(5)上前を開きながら、下前を合わせます。
この時、着物の長さはずっと床すれすれのままです。

(6)下前が脇まできたら、しっかり上げます。
柔らかい着物は15〜20cm。
身幅の広い着物は、脇から折り返します。

(7)上前を合わせ、腰骨まできたら、4〜5cm上げます。

(8)左手を身八つ口から入れて、
両手で衿先を持ちます。

水平に引き、腰にたるみがない様にします。
引きすぎると 縫い目が割れますので、
着物がずれない程度に。

(9)上前を押さえて、ウエストあたりのしわを
上に伸ばします。
前身頃、後身頃、下前の前身頃も
忘れずに伸ばします。

(10)腰紐を締めます。
ここでは、ウエストベルトを使いますが
腰紐と使い方は同じです。

右手にウエストベルトをあてて、
左手で左腰までまっすぐに当てます。
そのまま 両手を同時に後に回します。

(11)後で交差したら、指を入れて
しわをとりながら脇でしっかり締めます。

(12)前に回してとめます。
腰紐の場合はちょう結びにして、
ひもが垂れ下がらない様にはさみます。

(13)両身八つ口から手を入れて、
おはしょりを整えます。

(14)そのまま後にも手を回して、
後のおはしょりも整えます。

(15)背中心を合わせます。

左右の掛衿を合わせ体の中心に持っていき、
もう一方の手で背中心を持ちます。

前後に動かして衿をなじませます。
着物の衿は、長襦袢の衿より0.5〜1cm出します。

(16)衿合せをします。まずは、下前から。

着物の衿幅は、掛衿のすこし下で
3分の1を内側に折ります。
そこを左手で持って、右手の人差し指で
上に向けて折り上げます。

(17)着物の衿から伊達衿が0.5cm出るように
合わせて、左手に持ちます。

右手の人差し指と中指を使って、
上に向って合わせていきます。

(18)耳下位置まで合わせたら、
ここで長襦袢の衿、伊達衿、着物の衿を重ねます。

(19)胸ひもをします。ここでは、サッシュを使います。
腰紐の使い方は、「おしゃれ着の着方」を
参照してください。

掛衿の下((17)、(18)の左手の位置)を右手でもって、
半衿の幅が1.5cmになるように
着物の衿の角度を決めます。

左手はサッシュのクリップを持って、> 身八つ口から中に入れておきます。

(20)右手の所(ウエストくらい)をクリップで止めます。
実際には、表に出さず(21)の写真のように、
着物の中でします。
※左図では、本来なら見えない所なので、
左手で持っています。

(21)クリップより下のおはしょりは内側に折り上げ、
右脇下をめがけて三角形になるよう手を添えます。
そのまま、手をはずします。

(22)上前の衿を合わせます。

下前同様、着物の衿幅は、掛衿のすこし下で
3分の1を内側に折ります。

そこを右手で持って、左手の人差し指で
上に向けて折り上げます。

(23)着物の衿から伊達衿が0.5cm出るように
合わせて、右手に持ちます。

左手の人差し指と中指を使って、
上に向って合わせていきます。

耳下位置まで合わせたら、
ここで長襦袢の衿、伊達衿、着物の衿を重ねます。

(24)右手の所(ウエストくらい)をクリップで止めます。
左右のクリップの位置が、平行になっているのを
確かめてください。

(25)下前のおはしょりが落ちていないことを
確かめて、サッシュを当てます。

サッシュの中心を体の中心に合わせます。

(26)衿が動かないように、サッシュを胸下に
押さえつけるように当てます。

(27)引っ張りながら後に回し、
交差したら片手で持ちます。

もう一方の手で背中心を
体の中心に持っていきます。

(28)背中心に2本の指を入れます。

(29)両脇にむけてしわを伸ばします。

(30)前に回して2回かけて、はさみます

(31)長襦袢と同様に、後のしわからとっていきます。
サッシュの下で背中心が体の中心にあるか、
もう一度確かめます。

(32)背中心に2本の指を入れ、
両脇に向ってしわを伸ばします。

(33)後のおはしょりを軽く引いて、
縦のしわを伸ばします。

サッシュは脇にシャーリングがついていますので、
締めすぎないように。

指2本がすーっと動くくらいにします。

(34)脇の始末をします。まずは、左脇から。

サッシュの幅半分を下に折ります。

(35)後身頃の身八つ口を前に引いて、
後のしわを伸ばします。

(36)前身頃の身八つ口を後に引いて、
後身頃の上に重ねます。

衿が動かない様に、しわを伸ばす程度に
引いてください。

(37)サッシュを元に戻します。

サッシュの下の脇の縫い目で、
タックを寄せてしわを伸ばします。

(38)左脇の始末をします。

サッシュの幅半分を下に折ります。

後身頃の身八つ口を前に引いて、
後のしわを伸ばします。

(39)前身頃の身八つ口を後に引いて、
後身頃の上に重ねます。

衿が動かない様に、しわを伸ばす程度に
引いてください。

(40)サッシュを元に戻します。

サッシュの下の脇の縫い目で、
タックを寄せてしわを伸ばします。

(41)衿先をひろげて、タックを衿の中に入れます。

(42)前板をつけて、出来あがりです。

礼装の着物の丈は、床すれすれの長さにします。

裾線、おはしょりの線はすこし右上がりになります。
耳下で着物の衿、伊達衿、長襦袢の衿が揃います。

半衿は1〜1.5cm、伊達衿は0.5cm出します。

上前とおはしょりのおくみの縫い目が
まっすぐの揃います。